2017年01月24日

2017、1/23(月)あっちゃんからの連絡です。(●^o^●)現在、3サイトで運営中です♥



あっちゃんです!!

(●^o^●)

2017、1/23(月)現在、3サイトで更新中です


1つ目

ネット小説「1分読むだけ文学通」 

A8ネット無料ブログです。


http://fanblogs.jp/aeinrv/ ←クリック!!






2つ目

ネット小説「十日読むだけ文学通」

JUGEM(じゅげむ)プラスブログです。

http://14highschool.jugem.jp/←クリック!!







3つ目

ネットカフェ「ようこそ文学通」

SEESAA無料ブログです。


http://netcafe1.seesaa.net/←クリック!!








今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

あっちゃんブログ管理人
アスカ ミチル

(^O^)/

へばねん!!!!




<a href="//www.blogmura.com/ranking.html" target="_blank"><img src="//www.blogmura.com/img/www103_20_1.gif" width="103" height="20" border="0" alt="ブログランキング・にほんブログ村へ" /></a><br /><a href="//www.blogmura.com/ranking.html" target="_blank">にほんブログ村</a>


<a href="http://b.hatena.ne.jp/entry/hihonsangokusi.seesaa.net/" class="hatena-bookmark-button" data-hatena-bookmark-title="ネット小説「1日読むだけ文学通」" data-hatena-bookmark-layout="standard-balloon" data-hatena-bookmark-lang="ja" title="このエントリーをはてなブックマークに追加"><img src="https://b.st-hatena.com/images/entry-button/button-only@2x.png" alt="このエントリーをはてなブックマークに追加" width="20" height="20" style="border: none;" /></a><script type="text/javascript" src="https://b.st-hatena.com/js/bookmark_button.js" charset="utf-8" async="async"></script>









〈% if:page name eq 'article' -%〉 〈div class="ad-bottom"〉 〈P〉スポンサーリンク〈/p〉〈br /〉 〈br /〉 〈/div〉 〈% /if %〉
posted by あっちゃん at 00:14| ユーザーさん連絡板(●^o^●) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

魔術師VOL,2 (^O^)/われは蘇りたり。♫エロイムエッサイム♫頑張れ悪魔くん、♪魔法の杖だ!戦え悪魔くん~(^^♪

WOWOWWOWOW
ずんちゃかずんちゃかずんちゃか。
ひゃっほーーーーーーーーーーーーいっ!!!!

ハーーーーーイ、
貴女のあっちゃんですんー💕

ちゅ(*´ε`*)



さあて~~~~~~~~~~、
今夜もヒットパレードーーーーーーーー

行ってみようかあ~~~~~~~!!!!

※ 自称、平成シャーマン、
こと、
あっちゃんのノリは、

とどまることをしらないのでありました。



あら~~~~~~~~~、

更新忘れて、

序文に没頭してもうたわいなあーーーーーーー。



「魔術師」VOL,2


しかしあなたが、その場所の性質や光景や雰囲気に関して、もう少し明瞭な観念を得たいと云うならば、まあ私は手短に、浅草の六区に似ている、あれよりももっと不思議な、もっと乱雑な、そうしてもっと頽爛(たいらん)した公園であったと云っておきましょう。

もしもあなたが、浅草の公園に似ているという説明を聞いて、其処に何らの美しさをも懐かしさをも感ぜず、むしろ不愉快な汚穢な土地を連想するようなら、それはあなたの「美」に対する考え方が、私とまるきり違っている結果なのです。

私は勿論、十二階の塔の下に棲んでいる、"venal nymph"の
一群をさして、美しいと云うのではありません。

私の云うのは、あの公園全体の空気のことです。暗黒な洞窟を裏面に控えつつ、表へ回ると常に明るい喜ばしい顔つきをして、好奇な大胆な眼を輝かし、夜な夜な毒々しい化粧を誇っている公園全体の情調を云うのです。


引用書籍
谷崎潤一郎著「人魚の嘆き」中央公論社刊

ねえ、ゆーざーさん~

な、なんかさあーーーーーーー、

筋が

ゾクゾクッと、

・ま・せ・ん・か????

ウッフーーーーーーーーーーー。

(*'▽')
うわあ、脅かしっこ無しだよ、
あっちゃん~冷汗タラりンコ)」



へばねん!!!!






























〈% if:page name eq 'article' -%〉 〈div class="ad-bottom"〉 〈P〉スポンサーリンク〈/p〉〈br /〉 〈br /〉 〈/div〉 〈% /if %〉
posted by あっちゃん at 17:22| 魔術師 谷崎潤一郎著 中央公論社刊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

人魚の嘆きVOL,4 トランプアメリカ第一主義まかり通るか!?(●^o^●)えらいこっちゃ、ネット業界どうなる?ん?

あっちゃんやで!!!!
ユーザーさん、お元気でなによりですわあーーー。
(●^o^●)オスー



渡る世間は、
ここ一週間以上、

トランプのアメリカ第一主義
日本国内ドッタンバッタンしてまんで、ホンマ


日本が輸入をボイコットしてると怒ってる様子ですわあ。


食糧事情
これ以上アメリカに世話ならなくても
良いんとちゃいまっか?

だってさあーーーーーーーーーー、
戦後71年間の積み重ねで、
日本人の三大成人病大幅アップしたがなあ!!!!

畳の上で死ねませんで!!!!
100%病院のベッドですからあ。


最終的には、
国会議員におまかせだねえ。

さて、
ユーザーさんに、
今日も、
心の癒しタイーーーーーーーーーーーーーム
行きますぜ~~~~~~~~~~~!!!!


あっちゃん
「事務所私設応援団長、
宜しくっ!!」


私設応援団長龍虎団団長 
江戸川一歩(乱歩とちゃうで。)
9歳阿仁町出身
オスー、
委細、心得たあ~~~。




以下、団長の仕切りあり。




団長
そうりゃ!!!!!!!!!!!!!!!
みんなーーーーーーーーーーーーーーー、
用意はいいかあっ。

団員47名
「おっすー、
おっすー、
おっすー、
おっすー、
おっすー、
おっすー、
おっすー、
おっすー、」


「それではーーーーーーーーーーーー、

平成二十九年度のーーーーーーーーっつ、

栄(は)えあるユーザー様の~~~~~~~、

一層のご多幸と、

ご健勝を願ってーーーーーー


三三七拍子~~~~~~~~。


ふっれーーーーーーーーーーーーーーーっ、

ふっれーーーーーーーーーーーーーーーっ、

ユーーーーーーーー

ザーーーーーーーー

さーーーーーーーー

んーーーーーーーーっ!!!!


そうれーーーーーーーーーーーーーーーっ、

ちゃっちゃっちゃっ、
そおれーーーーーーーっ


ちゃっちゃっちゃっ、
そおりゃあ~~~~~っ

ちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっ、
うおりゃあああああああああああああっ



ふううううううれーーーーーーーーーーーーーーーっ、

ふうううううれーーーーーーーーーーーーーーーっ、

ユーーーーーー

ザーーーーーー

さーーーーーーー

んーーーーーーーーーーっ!!!!!!!!


フレッ、フレッ、ユーザーさん、
   チャッツチャッツチャッ、

フレッ、フレッ、ユーザーさん、
   チャッツチャッツチャッ、

フレッ、フレッ、ユーザーさん、
   チャッツチャッツチャッ、


ドオーーーーーーーーーーーーーン!!!!


ドオーーーーーーーーーーーーーン!!!!


ドオーーーーーーーーーーーーーン!!!!

余韻・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

余韻・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

余韻・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



団員四十名全員、

オ~~~~~~~~ッス~~~~~~~~~~~~~~~ッ、


団長
押忍。



あっちゃん社長

おっすーっ!!!!
いやあ~~~~~~っつ、

いつもながらーーーーー、

団長並びに団員さんの
お声、

ほれぼれでんな~~~~!!!!

(*'▽')


団長
何の、何の、
恐縮至極でござるうーーーーー。

わても、
かつて六大学応援団連盟の

大団旗持ってた当時の
気分になれて、

サイコウ💛うっは~
ハッピネス💕ちゃんちゃんこー
ぬあんちゃってん、
うっは~~~~~~~~
(^O^)/🍶」


あっちゃん社長

では、団長さん、そして、団員の皆さま!!

今宵は当事務所キープの

料亭「戊辰の役(仮)」で、

どんちゃん騒ぎと
しゃれましょうぞー。

ウッハー!
(^^)!


団長

「あっちゃん社長の
おごりで

カラオケ純喫茶「瑠々タン💝」を
キープとのことなんでワックワク~
(^^♪

わて、
カンの『愛は勝つ
いっちゃおうっとー、
るんるんるん
(^^♪

(団長は、
いたってフツ男
さんでしたあ~。)


「オチ」無いけんど、チャンチャン




人魚の嘆きVOL,4

何とかして今のうちに、現在自分の持っている「うら若さ」の消えやらぬ間(ま)に、もう一遍たるんだ生活を引き絞って、冷えかかった胸の奥に熱湯のような感情を沸騰させたい。連夜の宴楽、連日の演技に浸りながら、猶(なお)倦(う)む(=飽きる、の意味。)ことを知らなかった二、三年前の興奮した心持ちに、どうかして今一度到達したい。

などと焦っては見るのですが、 別段今日になって、彼を有頂天にさせるような、香辣(こうらつ=激しい、の意味。)な刺激もなければ斬新な方法もないのです。

もはや、歓楽の絶頂を極め、痴狂(ちきょう)の数々を経験しつくした彼に取って、もうそれ以上の変わった遊びが、この世に存在する筈はありませんでした。

そこで


貴公子は仕方なしに、自分の家の酒庫にある、珍しい酒を残らず卓上へ持ち来らせ、又町中の教坊(=寺)に、四方の国々から寄り集まった美女の内で、殊更才色のめでたい者を七人ばかり択び出させ、それを自分の妾に直して、各々七つの綉房(しゅうぼう)に住まわせました。



引用書籍
谷崎潤一郎著「人魚の嘆き」中央公論社刊

さてさて、
このあとの展開、
いかなることか、
!(^^)!うふふ

へばねん!!!!











〈% if:page name eq 'article' -%〉 〈div class="ad-bottom"〉 〈P〉スポンサーリンク〈/p〉〈br /〉 〈br /〉 〈/div〉 〈% /if %〉
posted by あっちゃん at 17:15| 「人魚の嘆き」谷崎潤一郎 中央公論社刊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

人魚の嘆きVOL,3 (●^o^●)うりゃさ~、うりゃさ~世の中強気で突っ走れ。さすれば女神が訪れる!!

あっちゃんですぞーーーーーーーーーー!!!!

ねえ、ゆーざーさん、
攻めの人生やってますかあ????


ワシ、あとがないので、

職場
家庭生活
趣味芸道、

全部やねっ、

そう、ぜ~~~んぶ攻めてる!!


今までの人生、
楽しくなかったから。

だから、
退職してからの
今のほうが
生き甲斐が「有る!!


不思議ですが、
事実なんです!!

へば、
熱い更新、
行くっすよ~~~~~!!

(^O^)/「待ってたぽん!!」



人魚の嘆きVOL,3


ちゅう(漢字みつからず)は、こういう境遇に身を委(ゆだ)ねて、漸く総角(あげまき)の徐(と)れた頃から、いつとはなしに遊里のお酒を飲み初め、その時分の言葉で云う、窃玉偸香(せつぎょくとうこう)

(※ 偸香=とうこう。男女の密通、の意味。)の味を覚えて、二十二、三の歳までには、およそ世の中の放蕩という放蕩、贅沢という贅沢の限りをし尽くしてしまいました。

そのせいか近頃は、頭が何となくぼんやりして、何処へ行っても面白くないので、終日邸(やしき)に籠居したまま、うつらうつらと無聊(ぶりょう)な月日を送っています。

どうだい君、この頃はめっきり元気が衰えたようだが、ちと町の方へ遊びに出たらいいじゃないか。まだ君なんぞは、道楽に飽きる年でもないようだぜ。

悪友の誰彼(だれかれ)が、こう云って誘いに来ると、いつも貴公子は物憂げな瞳を据えて、高慢らしくせせら笑って答えるのです。

うん、・・・・・・己(おれ)だってまだ道楽に飽きてはいない。しかし遊びに出たところで、何が面白いことがあるんだい。己にはもう、有りふれた町の女や酒の味が、すっかり鼻に着いているんだ。ほんとうに愉快なことがありさえすれば、己はいつでもお供をするが・・・・・・



貴公子の立場から見ると、年が年中、同じような色里の女に溺れて、千篇一律の放蕩を謳歌している悪友どもの生活が、寧(むし)ろ不憫
(ふびん)に思われることさえありました。

もしも女に溺れるならば、普通以上の女でありたい。もし放蕩を謳歌するなら、常に新しい放蕩でありたい。

貴公子の心の底には、こういう欲望が燃えているのに、その欲望を満足させる恰好な目標が見当たらないので、よんどころなく彼は閑散な時を過ごしているのでした。

しかし、世ちゅうの財産は無尽蔵でも、彼の寿命は元より限りがありますから、そういつまでも美しい「うら若さ」を保つ訳には行きません。貴公子もそれを考えると、急に歓楽が欲しくなって、ぐずぐずしてはいられないような気分に襲われることがあります。



引用書籍
谷崎潤一郎「人魚の嘆き」中央公論社刊


ワシ、
今回まで読んできて、

すこうしばかり、
主人公に同情しちまったんやでえー。

人間としての
真っ正直の
悩み。


はいな!!
寿命の限界」!!

これってさあ、
いっちばん、
人間っぽいっちゃあ~!!

ワシ、
こういう
人間臭さ濃い文学
大好きだっちゃあ~。

(*'▽')へばねん!!!!
















〈% if:page name eq 'article' -%〉 〈div class="ad-bottom"〉 〈P〉スポンサーリンク〈/p〉〈br /〉 〈br /〉 〈/div〉 〈% /if %〉
posted by あっちゃん at 21:20| 「人魚の嘆き」谷崎潤一郎 中央公論社刊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魔術師VOL,1  こちらも、うっはー!!!!させちゃうぞお~m(●^o^●)あっは♥



あっちゃんだよんっ!!!!

ユーザーさん、お元気かいな????

そうなのー、すこぶる元気なのね、
これはいがったなあ~ウフッ

さてーーーーー、
ワシ、待ちきれんかったんで、

「魔術師」VOL,1~5
毎日更新
やるっちゃ~~~~~~~~~~~!!!!


(^_-)-☆「ヨロスクー。




「魔術師」VOL,1


私があの魔術師に会ったのは、何処(いずこ)の国の何という町であったか、今ではハッキリと覚えていません。

どうかすると、それは日本の東京のようにも思われますが、或る時は又西洋や南米の植民地であったよぷな、或いは支那か印度辺(へん)の船着き場であったような気もするのです。

とにもかくにも、それは文明の中心地たる欧羅巴(よーろっぱ)からかけ離れた、地球の片隅に位(くらい)している国の都で、しかも極めて殷富(いんぷ)な市街の一廓(いっかく)の、非常に賑やかな夜の巷(ちまた)でした。


引用書籍
谷崎潤一郎著「魔術師」中央公論社刊


いかがであったかのう????

毎日更新していくんで、

よ・ろ・し・く~~~

(*'▽')うっは~

へばねん!!!!











〈% if:page name eq 'article' -%〉 〈div class="ad-bottom"〉 〈P〉スポンサーリンク〈/p〉〈br /〉 〈br /〉 〈/div〉 〈% /if %〉
posted by あっちゃん at 11:42| 魔術師 谷崎潤一郎著 中央公論社刊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

人魚の嘆きVOL,2 


人魚の嘆きVOL,2


彼の持っている夥(おびただ)しい貲財(しざい)や、秀麗な眉目や、明敏な頭脳や、それ等の特長の一つを取って比べても、南京中の青年のうちで、彼の仕合せに匹敵する者はいませんでした。

彼を相手に豪奢な遊びを競い合い、教坊の美妓を奪い合い、詩文の優劣を争う男は、誰も彼も悉く打ち負かされてしまいました。

そうして南京に有りと有らゆる、煙花城中の婦女の願いは、たとえ一と月半月なりと、あの美しい貴公子を自分の情人(じょうじん・じょうにん)にすることでした。

引用書籍
谷崎潤一郎著「人魚の嘆き」中央公論社刊

う~~~~~~~~~~~~~~~~~~~。
かなーーーーーーーーーーーーーーーーーーり、
現実離れした主人公だなあ。

一体、
これから、
どないに
発展するんやろなあ????

※ 更新担当、あっちゃんの
少々、焦り気味の、
「本気(マジコメント」でしたあ!!

下手すれば、
ユーザーさん、
来るかチョコット心配。

(^O^)/「あっは~。これも又、人生





〈% if:page name eq 'article' -%〉 〈div class="ad-bottom"〉 〈P〉スポンサーリンク〈/p〉〈br /〉 〈br /〉 〈/div〉 〈% /if %〉
posted by あっちゃん at 19:39| プロフイール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

「人魚の嘆き」VOL,1 谷崎潤一郎で、勝負だあ~~~(●^o^●)第一回目更新行けーーーーー。


<span style="color:#FF00FF;"></span><strong><span style="font-size:large;"><span style="font-size:large;"><span style="color:#0000FF;"><strong><span style="font-size:large;"><span style="font-size:large;"><span style="color:#FF0000;">ハイッ!!!!

ユーザーさん、お元気ですか????
</span></span></span></strong>
<strong><span style="font-size:large;"><span style="font-size:large;"><span style="color:#00FF00;"><span style="color:#FF0000;"><ins>
<strong><span style="font-size:large;"><span style="font-size:large;"><span style="color:#0000FF;">今まで、
自然主義文学代表作品「蟹工船」新潮社刊を、
連続で本文紹介してきました。



今後の更新方針を、以下の内容にします。



<strong><span style="font-size:large;"><span style="font-size:large;"><span style="color:#0000FF;">
「谷崎潤一郎シリーズ」から、
「<span style="color:#FF0000;">
第一弾、「人魚の嘆き」</span>」

続いて、

第2弾、魔術師


以上を本文紹介します!!!!</span></span></span></strong>


当面は、

ユーザー様の興味度を確認するため、

VOL,1~VOL,5限定版で行います。

これで、相当数のインパクトが得られましたら、

VOL,6以降も更新します!!!!



(●^o^●)「以上、宜しくっ






「人魚の嘆き」VOL,1



むかしむかし、まだ愛親覚羅氏の王朝が、六月の牡丹のように栄え輝いていた時分、支那の大都の南京に孟世ちゅう(=もうせいちゅう※ 漢字見つからず。)といううら若い貴公子が住んでいました。

この貴公子の父なる人は、一と頃北京の朝廷に仕えて、乾隆の帝のおん覚えめでたく、人の羨むような手柄を著す代りには、人から排斥されるような巨万のとみ富をも拵(こしら)えて、一人息子の世ちゅうが幼い折に、この世を去ってしまいました。すると間もなく、貴公子の母なる人も父の跡を追うたので、取り残された孤児の世ちゅうは、自然と山のような金銀財宝を、独り占めする身の上となったのです。

年が若くて、金があって、おまけに由緒ある家門の誉を受け継いだ彼は、もうそれだけでも充分仕合わせな人間でした。然るに仕合わせは
それのみならず、世にも珍しい美貌と才智とが、この貴公子の顔と心とに恵まれていたのです。


引用書籍
谷崎潤一郎著「人魚の嘆き」中央公論社刊


一風変わった展開の
作風であります。

次回もお楽しみに~~~。

(^O^)/へばねん























〈% if:page name eq 'article' -%〉 〈div class="ad-bottom"〉 〈P〉スポンサーリンク〈/p〉〈br /〉 〈br /〉 〈/div〉 〈% /if %〉
posted by あっちゃん at 23:07| 「人魚の嘆き」谷崎潤一郎 中央公論社刊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

蟹工船 VOL,19 (^O^)/今夜も『みちのく冬限定夜行列車』出発進行!!ユーザーさん乗り遅れんなよーーー。

あっちゃんだよ~~~~~~~~~ん!!!!

ユーザーさん、今晩は。
元気でっかあああ
(^_^メ)「ワシはすこぶる達者!!


なに!?
仕事でスランプだってえ??

そげなもん、
いちいち
気にしてたら

あっ!!!!!!!!!!
この間、0,003秒!!!(^^)!あはは。


というまに、
浦島爺さん、即、決定~~~~~~~~~!!!!


「ハーーーーーーーーイ、
棺桶おひとりさま、
追加ーーーーーーーー!!!!」
ってね。
あっはっは。


幸せ」は、
一瞬、一瞬の連続だよ。


そんならさあ、

一瞬一瞬
しあわせ
に、なっちゃえっての!!!!


はあーーー!?
あっちゃん、強引すぎないかい????


でもさあー、

あっちゃんはね、

50歳過ぎて
足の故障で
6年早く
早期退職してから、
気付いたんだよー!!


この
三次元空間(=縦、横、厚みの世界。)
は、

【 心が元気になったもん勝ち!! 】
ってね。

💛ウフッ(*'▽')あっは。

だ・か・ら

あっちゃんブログは、
いっつも、
テンション 
ノーリノリ!!!!

アゲアゲ!!!!

ハイテンション!!!!


こんな具合に、
八福神(はちふくじん)がサロン開いてるノリの、
ブログには、

ほぼ、
100%の確率で、
心の豊かなセレブが集まると
信じてる!!

別段、金持ち崇拝はしないけど、
熱い幸運を呼び込む!!!!
と、
固く思って生きてますぜ!!

あっちゃんの人生は、
あっちゃんが
楽しく愉快で健康にするっちゃあ。

でなきゃあ、
過去50年間の
「元」取れんもの~~~、大マジで!!

これが、
あっちゃんの甲斐性
ってもんじゃないっすか?



以上!!!!



ハーーーーーーーーーーーーーーイ、
お待たせ。
更新タイーーーーーム

行くどーーーーーーーーーーーーーっ


(^_-)-☆オッスー
行ったれやあ、あっちゃん~
💣💣💣💣💣💣💣💣💣💣💣💣💣💣💣💣💣💣💣💣💣💣💣💣💣💣💣💣💣💣💣💣💣💣💣💣💣💣💣💣💣💣💣💣💣」

     ↑

こ、こ、こ、これって、
爆弾!?」




蟹工船 VOL,19


末広な、青っぽいカンテラの光が揺れる度に、ゴミゴミした棚の一部や、脛の長い防水ゴム靴や、支柱に懸けてあるドザや袢纏(はんてん)、それに行李(こうり)などの一部分がチラ、チラッと光って、消えた。

足元に光が顫(ふる)えながら一瞬間溜まる、と今度は賄のドアーに幻燈のような円るい光の輪を写した。次の朝になって、雑夫の一人が行方不明になったことが知れた。

皆は前の日の「無茶な仕事」を思い、「あれじゃ、波に浚(さら)われたんだ。」と思った。

イヤな気持がした。然し漁夫たちが未明から追い回されたので、そのことではお互いに話すことが出来なかった。

こったら冷(しゃ)ッこい水さ、誰が好き好んで飛び込むって!隠れてやがるんだ。見つけたら、畜生、タタきのめしてやるから!

監督は棍棒を玩具のようにグルグル廻しながら、船の中を探して歩いた。
時化は頂上を過ぎてはいた。


引用書籍
小林多喜二著「蟹工船」新潮社刊

更新している
ワシも、

根性でやっております。
よろしく!!

へばねん!!!!




























〈% if:page name eq 'article' -%〉 〈div class="ad-bottom"〉 〈P〉スポンサーリンク〈/p〉〈br /〉 〈br /〉 〈/div〉 〈% /if %〉
posted by あっちゃん at 22:11| 「蟹工船」小林多喜二著 新潮社刊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蟹工船VOL,18 一に更新、二も更新、今夜もゆくゆくあっちゃんの路。(●^o^●)のほほ💛

イエーーーーーーーーーーーーーーーーーーーイ!!!!


オッス。
あっちゃんでごわす。
(^_^メ)「ワシね、ワシ。


ねえええ~、
ユーザー様、
元気とね????

秋田の弘前に近いあちゃん家の県北地区(けんぽくちく)は、
明日1/17(火)朝最低気温、


-10度大マジで!!!!!!!!




「神様!!!!
ワシに死ねってのかいな。


ま、
神様、仏さま、キリスト様に
ムカついても、
腹減るだけね。アハッ(^O^)/



ほなーーーーーーーーーーー、

更新、
行こかあああああ~~~~~~~。



「蟹工船」VOL,18


いけホイドして、ガツガツまくらうな。仕事もろくにできない日に、飯ば鱈腹(たらふく)食われてたまるもんか。

ジロジロ棚の上下を見ながら、左肩だけを前の方へ揺すって出て行った。
一体あいつにあんな事を云う権利があるのか。」船酔いと過労で、ゲッソリやせた学生上りが、ブツブツ云った。

浅川ッたら蟹工の浅か、浅の蟹工かッてな。
「天皇陛下は雲の上にいるから、俺達にャどうでもいいんだけど、浅ってなれば、どっこいそうは行かないからな。

別な方から、
ケチケチすんねえ、何んだ、飯の一杯、二杯!なぐってしまえ!
唇を尖(と)んがらした声だった。

偉い偉い。そいつを浅の前で云えれば、なお偉い!
皆は仕方なく、腹を立てたまま、笑ってしまった。

夜、余程過ぎてから、雨合羽を着た監督が、漁夫の寝ているところへ入ってきた。船の動揺を棚の枠につかまって支えながら、一々漁夫の間にカンテラを差しつけて歩いた。

南瓜のようにゴロゴロしている頭を、無遠慮にグイグイと向き直して、カンテラで照らして見ていた。
フンづけられたって、眼を覚ます筈がなかった。

全部照らし終ると、一寸立ち止まって舌打ちをした。
どうしようか、そんな風だった。が、すぐ次の賄部屋の方へ歩き出した。


引用書籍
小林多喜二著「蟹工船」新潮社刊

漁夫の連中は、

ここだけが

生きる道なんじゃろのう・・・・・・・

ううううう。

人間って何のために生まれてきたんか、

考えさせられるでーホンマ

(^_^メ)「んー、そやのう」



へばねん!!!!































〈% if:page name eq 'article' -%〉 〈div class="ad-bottom"〉 〈P〉スポンサーリンク〈/p〉〈br /〉 〈br /〉 〈/div〉 〈% /if %〉
posted by あっちゃん at 00:16| 「蟹工船」小林多喜二著 新潮社刊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

蟹工船17、更新見てねん!!!!(●^o^●)あっは

すぐ更新!!!!

シュワッチ~~~~~~~~~~!!!!


「蟹工船」17

ガラ、ガラッと、ウイスキーの空き瓶が二,三カ所に稲妻型に打ち当たって、棚から通路へ力いっぱいに投げ出された。

皆は頭だけをその方に向けて、目で瓶を追った。隅のほうで誰か怒った声を出した。

時化にとぎれて、それが片言のように聞こえた。
日本をはなれるんだど。」丸窓を肘で拭(ぬぐ)っている。
「糞壺」のストーブはブスブス燻(くすぶ)ってばかりいた。

鮭や鱒と間違われて「冷蔵庫」へ投げ込まれたように、その中で「生きている」人間はガタガタふるえていた。ズックで覆ったハッチの上をザア、ザアと波が大股に乗り越して行った。

それが、その度に太鼓の内部みたいな「糞壺」の鉄壁に、物凄い反響を起こした。時々漁夫の寝ているすぐ横が、グイと男の強い肩でつかれたように、ドシンとくる。今では、船は、断末魔の鯨が、荒れ狂う波濤(はとう)の間に身体をのたうっている、そのままだった。

飯だ!」賄いがドアーから身体の上半分をつき出して、口で両手を囲んで叫んだ。
時化てるから汁なし。
「何だって?」
腐れ塩引!」顔をひっこめた。

思い、思い身体を起こした。飯を食うことには、皆は囚人のような執念を持っていた。
ガツガツだった。

塩引きの皿を安坐をかいた股の間に置いて、湯気をふきながら、パラパラした熱い飯を頬張ると、舌の上でせわしく、あちこちへやった。初めて熱いものを鼻先にもってきたために、水洟(みずばな)がしきりなしに下がって、ひょいと飯の中に落ちそうになった。

飯を食っていると、監督が入ってきた。



引用書籍
小林多喜二著「蟹工船」新潮社刊

今夜の更新、
なんか、
もうもうもう、

場面が切なすぎて、
ワシ、やりきれんなあ~~~~~、

ただし

多喜二の文章タッチには
ぐいぐいぐい~~~~~~~っと、

作品場面に引き込まれちゃったぜーーー。

その証拠に
あっちゃんの

更新中の書斎の
簡易ベッドに


学生上がりの漁夫がひとり
爆睡してんだぜエーーーッ

まじかよ、ホントにさあ。
(^_^メ)「怖えよー


(^O^)/あの世の多喜二さん再来!!!!
大マジだっちゅうの!!

おいら、
文章力にかけては、

地下活動で発行し続けた
月間『戦旗』鍛えたもんねッ!!

わいの傑作
心して、見るんやでえ!!!!

へば、またねん💛」

おあとがよろしいようで。

チャンチャン







































〈% if:page name eq 'article' -%〉 〈div class="ad-bottom"〉 〈P〉スポンサーリンク〈/p〉〈br /〉 〈br /〉 〈/div〉 〈% /if %〉
posted by あっちゃん at 23:39| 「蟹工船」小林多喜二著 新潮社刊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする